ボーナスのを貯金するなら金利が高いインターネットバンキングがおすすめっ!

定期預金はネットバンクに貯金がお得!

夏のボーナスの使い道・TOP > ネット銀行の定期預金と国債
ネット銀行の定期預金と国債

夏のボーナス、しっかりと運営プランはできましたか?まずはしっかりと貯金や定期預金に預けるとして、預ける場合にはネット銀行の方が断然利息がお得であることはすでに説明した通りです。

では他の金融商品、なかでも比較的リスクが少なくてしかも高利回りの国債と比べた場合にはどちらに軍配が上がるでしょうか。

個人向けの国債では、4、7、10、1月に発行されます。国債の申込は1ヶ月前から可能ですが、ここでは2009年の4月発行分の利息を元に見てみます。4月発行分では、5年固定が0.71%、10年の変動で0.5%となっています。

ちなみに国債は発行する時期によって金利が異なりますが期間さえ同じであればどこで買っても利息は同じです。

まず主な都市銀行、地方銀行と比べた場合、銀行ごとに多少の違いはありますが、期間5年のスーパー定期で0.35%程度といったところです。ということは固定5年の個人向け国債では0.71%ですから圧倒的に国債が有利、実に2倍ほども金利が高いことになります。

一方ネット銀行も以前お話しした通り一般的な都市銀行などの2倍ほどの金利です。夏のボーナスを国債とネット銀行の定期預金に預けた場合に差はあるでしょうか。

答えから言えばほぼ同等といえます。期間が1年なのか5年なのかあるいは10年などの長期を選ぶのかによっても違いますが、基本的な金利としてはネット銀行での定期預金と国債はほぼ同等と言えるでしょう。

しかし例えば固定5年の国債の場合で言えば5年間の金利は0.71%で固定されています。この金利は実は国債の金利としては高いと言えるほどのものではありません。そこでまずは夏のボーナスは期間1年程度のネット銀行で定期預金にし、景気が回復してきた時点で再度考慮するというのが最も状況に即した方法だと言えるようです。

関連エントリー
Copyright (C) 定期預金はネットバンク【ボーナスの貯金もお得!】. All rights reserved