ボーナスのを貯金するなら金利が高いインターネットバンキングがおすすめっ!

定期預金はネットバンクに貯金がお得!

夏のボーナスの使い道・TOP > 銀行預金は何割くらいが適当?
銀行預金は何割くらいが適当?

世界同時不況のあおりを受けて、この夏のボーナスもあまり喜べるような金額ではなかったいう声も聞かれますが、でもやっぱりボーナスが支給されると嬉しいものです。

ボーナスの使い道はというと必ず銀行などへの貯金や定期預金がトップにあがりますが、では実際に利用としては定期預金などの貯金に、ボーナスのどのくらいの割合を充てるのが良いのでしょうか。

家計簿上の理想の比率としては、食費や光熱費などを含む消費に70%、レジャーや交際費などの浪費に5%、貯金や投資に25%というのがおおむね理想と言われます。ではボーナスの場合も貯金には25%程度が理想的なのでしょうか。

しかしボーナスは言わば臨時支給のようなものです。たくさんもらえるときもあれば、少ししかもらえなかったり、あまり考えたくないことですが最悪の場合には支給されないということもあります。

そう言った点からボーナスというものを考えた場合、生活の急激な凹凸をならすための資金として考えておいた方が良いでしょう。つまり不況や物価高などの影響で生活にしわ寄せが生じた際にその緩和剤として利用するということです。

そう言う意味では月々の給料よりは多めの30〜50%程度を銀行の貯金や定期預金に充てておくといざという時の緊急資金としてもそれなりの金額が確保できます。

カカクコムのリサーチでは夏のボーナスの支給額として最も層の厚いのは30〜50万円です。仮に40万円のボーナスがあった場合には、12〜20万円程度を定期預金として確保できれば良いのではないかと思います。

関連エントリー
Copyright (C) 定期預金はネットバンク【ボーナスの貯金もお得!】. All rights reserved