ボーナスのを貯金するなら金利が高いインターネットバンキングがおすすめっ!

定期預金はネットバンクに貯金がお得!

夏のボーナスの使い道・TOP > ボーナス支給額が高い業種
ボーナス支給額が高い業種

2009年度の夏のボーナスは各企業の業績悪化の影響で軒並み減少傾向となりました。ボーナスをもらったらまずは銀行の定期預金に、と考えていた人も少々肩すかしをくらった感じかも知れませんね。

とは言え全体の18%にあたる企業では前年よりも夏のボーナスの支給額が上昇しています。うらやましい限りですが、では夏のボーナスの支給額の多かった業界とはどのような業界でしょうか。(カッコ内は平均支給額)

1.医薬品業界(約94万円)
2.鉄道・バス関連業(約88万円)
3.電力業界(約83万円)
4.鉄鋼業界(約83万円)
5.マスコミ・出版・広告などの業界(約81万円)
6.不動産・住宅関連業種(約79万円)
7.レジャー業界(約77万円)
8.造船(約77万円)
9.通信業界(約77万円)
10.食品業界(約75万円)

以下、自動車・自動車部品業界、情報・ソフト業界、ガス業界、精密機器業界などと続きます。

医薬品業界の平均が約94万円、それを聞いただけでため息が出てきてしまいそうですね。これだけボーナスをもらえるなら70万円くらいは銀行の定期預金に入れても充分まだ買い物やレジャー資金が残りそうです。

しかしもちろんどの業界でも浮き沈みはあります。来年はどのような業界が上位に上がるのかは誰にもわかりません。またあくまでもこの数字は平均額なので人によっては医薬品業界に勤務していても思ったほどのボーナスがもらえず、貯金にも少ししかまわせなかったなどと言う人もいます。

なんとか早く景気が回復してくれるといいですね。

関連エントリー
Copyright (C) 定期預金はネットバンク【ボーナスの貯金もお得!】. All rights reserved